蜜蜂と遠雷 ピアノコンクールを生き生きと描いた名作

ピアノコンクールを、予選から決勝まで、順を追って描いた作品は、

小説であれ、映画であれ、テレビであれ、多くありません。

その中で、「蜜蜂と遠雷」は、コンクールの緊張感や、難しさを良く描いており、

まるで、プロ演奏家のエッセイのような「みずみずしさ」があります。

主な登場人物は4人。

風間塵(かざま じん) 16歳

栄伝亜夜(えいでん あや) 20歳

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール 19歳

高島明石(たかしま あかし) 28歳

風間は、正規の音楽教育をほとんど受けていない、孤高の天才。

栄伝は、幼いころ、天才少女と言われたが、母の死のショックのため、ピアノから離れる。

マサルは、正統派の音楽教育を受けた、今大会の注目の的。

高島は、楽器店勤務のサラリーマンだが、ピアノへの情熱を捨てられなかった。

この4人を軸にしてストーリーは進んでいきますが、少しでもクラシックをかじっていれば、文面から、演奏者の音が聞こえてきそうなくらいの緊張感や、会場の空気が描かれています。

この作品を読んでいて思うのは、「才能」とか、「能力」とか、「プロで生計を立てる」

とは、なんなのか、ということでした。

今の世の中、ピアノを教えてくれる学校は、世界中にいくらでもあります。

毎年何万人という、ピアニストのたまごが産まれてきます。

でも、コンテストに出られるのは、全体の数%です。

プロになれるのは、そのまた、数%。

プロで飯を食えるのは、そのまた数%。

音大に入るだけでも難関なのに、ピアノで生計を立てられるのは、全体の1%以下です。

このことは、野球でも、ミュージシャンでも、俳優、アイドルでも同じで、

大勢の人から、お金を払ってでも応援したいと思われて、

その人気が、いつまでも続く人というのは、宝くじで10億円当たるより難しいかもしれません。

ピアノが上手いから売れる? 違います。

顔がカッコいいから売れる? 違います。

才能があるから売れる? 違います。

音楽家であるならば、楽器が上手くなくてはいけません。

しかし、実際に売れる人は、それだけではなく、

技術も、才能も、人つながりも、ラッキーも、時代の流れも、

全部、味方に付けるような人が売れるのです。

「蜜蜂と遠雷」を読み終えて、

才能とか、売れるとか、コンクールとか、

いろいろなことを考えさせられました。