竜馬がゆく

言わずと知れた司馬遼太郎先生の長編小説です。私が19歳の多感な時期に読みました。

読む前はあまりに巻数がが多いので私に全部読み終えるか不安でしたが、そんな懸念はなんのその。あっという間に読み耽ってしまいました。

まず古い小説ではありますが今読んでも全然古臭くなく、また主人公である竜馬自身の荒唐無稽さもあって時折クスリとさせられることもあります。

この作品は自分の人生で度々読んでいて、読むたびにそれからの生活の転機になっているような不思議な感覚を覚えます。

一番最初に読んだ時はやはり竜馬の活躍ぶりに夢中だったのですが、この本の魅力はあまりに多い登場人物にあると思います。

みんな一癖も二癖もあって、そしてそれぞれの人間性があって死んでいったり、うまく時代に適合できたりとなっていきます。

こうして様々な魅力的なキャラクターが現れ、そして死に、あるいは長く生きていく様を畳み掛けるように見せられます。

その1つ1つの人物に対して司馬先生の考察も見られて勉強になります。

多くの登場人物の中に自分に似たような人がいたり、また現実世界でいたらすごく苦手だろうなという人がいたり…

実生活においても自分の人間性の小ささとそれが原因で閉じこもってしまっている現状を思い起こします。

読むたびに新たな発見があって人生の勉強になる教本です。

歴史のことは詳しくなくても構わないと思います。ただ生々流転というか、多くの人達の必死に生きた人生を感じられるそんな魅力的な小説です