11月 24, 2018

フィリップ・K・ディックといえば実に多彩な作品があり、それぞれが有名かつ名作とされています。 まさにSFというジャンルの伝説的な鬼才といえるでしょうね。そんななかでも「アンドロイドは電気羊の夢を見るか(映画タイトル:ブレードランナー」や「追憶売ります(映画タイトル:トータル・リーコール)」や「少数報告(映画タイトル:マイノリティ・レポート)」といった超がつく名作を超えるほどの作品として推したいのが「高い城の男」です。 映画化はされていませんがAmazonでドラマ化されていて、原作ともども非常にすばらしい内... Read More